[ブルーベリーサプリ/老眼]加齢による眼病への効果

[ブルーベリーサプリ/老眼]効果的な選び方ポイント3つ

老眼予防にブルーベリーサプリを飲んでいる中年男性
老眼に効果的なブルーベリーサプリ選び方

老眼に効果的なブルーベリーサプリの選び方は、めなりサプリを選ぶことです。

めなりサプリは老眼予防に効果的なルテインが配合されてます。

また、抗酸化成分も豊富なので老眼に強いブルーベリーサプリと言えます。

老眼予防ブルーベリーサプリ選び方1:ルテイン吸収率UPサプリ

老眼予防のために、ブルーベリーサプリを探してるなら、ルテインの吸収率が高いサプリを選びましょう。

なぜなら、ルテインは脂溶性であるため、体内で吸収されづらい性質を持ってるからです。

めなりサプリであれば、ルテインの吸収率がアップされるよう工夫されてるのでおすすめですよ。

☑ルテインが老眼予防に必要な理由

ルテインが老眼予防に必要な理由は、ルテインの抗酸化作用が目の酸化を防ぐ役割があるからです。

若い時は、物を見るときに水晶体を伸縮させ厚さを変えて、ピントを合わせます。

しかし、歳を重ねると水晶体の弾力性が失われていき、ピントの調節機能が衰えて老眼になっていきます。

水晶体の弾力性が失われる原因の一つに、紫外線やブルーライトなどの有害な光による活性酸素発生が挙げられます。

活性酸素が発生すると、目の酸化に繋がるのですが、ルテインの抗酸化作用は発生した活性酸素を除去する効果があります。

このルテインは目の黄斑部や水晶体に多く存在してるのですが、加齢につれてルテインが減少してしまうのです。

ルテインは体内から生成できないので食品から取る必要があります。

これが、ルテインが老眼予防に必要な理由です。

☑特許ビルベリーエキスとルテインの併用で吸収率アップ!

ビルベリーとルテインの相乗効果

特許ビルベリーエキスとは、効果と独自技術が認められ、アメリカで特許を取得したビルベリーエキスです。

この特許ビルベリーエキスは、ルテインと同時摂取することでルテインの吸収率が179%アップすることが分かっています。

脂溶性であるルテインは通常吸収しづらいのですが、通常よりも吸収率がパワーアップしてるのは嬉しいですね。

このことからも、普通のビルベリーエキスよりも特許ビルベリーエキスが配合されてるブルーベリーサプリメントの方が良いことが分かります。

めなりは、特許ビルベリーエキスとルテインが両方配合されているので、ルテインの高い吸収率が期待できます。

☑[老眼予防口コミ1]目がショボショボすることがなくなりました

老眼予防にブルーベリーサプリを飲んでる40代女性

私は眼精疲労のサプリメントである「めなり」を飲んでいます。飲み始めてからは、翌朝まで目の疲れが残りませんし、夕方になっても目がショボショボすることがなくなりました。以前は目が疲れてくると、老眼のように近くのものが見づらくなっていましたが、それも今では感じません。


Yahoo知恵袋より引用

老眼になってくると、角膜にある粘膜が少なくなるので目がショボショボしがちになります。

めなりサプリには、目の粘膜維持をサポートしてくれるβカロテンが栄養機能食品の基準内で配合されています。

ブルーベリーサプリを飲んで目のショボショボが改善されたという口コミがあるのは、このβカロテンのおかげでしょう。

老眼予防ブルーベリーサプリ選び方2:ルテインが黄金比率で配合

フリー体天然ルテイン配合で老眼予防に効果的
ルテインとゼアキサンチンが黄金比率で配合されてる画像

老眼に強いブルベリーサプリを選ぶなら、ルテインとゼアキサンチンが黄金比率で配合されてる商品を選びましょう。

めなりサプリは、ルテインとゼアキサンチンが黄金比率である5:1で配合されてるのでおすすめですよ。

☑AREDS2では「10mgのルテインと2mgのゼアキサンチン」でAMDリスク減少

ASREDS2によるルテインとゼアキサンチンの老眼予防効果

AREDS2によるアメリカの報告では、「10mgのルテインと2mgのゼアキサンチン」を配合したサプリメントを摂取した患者の加齢黄斑変性症リスクが低下したと報告されてます。

実験では、加齢黄斑変性症患者を4つのグループに分け、それぞれに「10mgのルテインと2mgのゼアキサンチン」「1gのDHAとオメガ3系脂肪酸」「10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンと1gのDHAとオメガ3系脂肪酸」「プラセボ」のサプリを5年間投与させました。

その結果、最も結果が良かったのが「10mgのルテインと2mgのゼアキサンチン」を投与したグループであり、加齢黄斑変性症のリスクが26%有意に減少することがわかっています。

このように、ルテインとゼアキサンチンには10:2の比率で摂取すると効果的であることが分かりますね。

ルテインとゼアキサンチンの摂取量が最も少ない被験者群(中央値0.7mg/日)と比較した場合,1日10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンを摂取すると重度の加齢黄斑変性の進行リスクが26%だけ有意に減少することが確認された


J-STAGEより引用

☑ルテインとゼアキサンチンが黄金比率配合されてるブルーベリーサプリを選ぶ

ルテインとゼアキサンチンが黄金比率である5:1で配合されてるブルーベリーサプリを選びましょう。

なぜなら、5:1の比率が最も効果的であることが、AREDS2による実験報告から明らかになってるからです。

逆に言うと、ルテインとゼアキサンチンが5:1で配合されてないブルーベリーサプリは効果が薄いのでおすすめしません。

めなりサプリには、ルテインとゼアキサンチンが黄金比率である5:1で配合されていますのでおすすめです。

☑[老眼予防口コミ2]黄斑変性症で長年悩まされていました

老眼予防でブルーベリーサプリを飲んでる50代女性画像

黄斑変性症で長年悩まされていました。
手術をするほど悪くなく、経過観察する状況が約8年くらい続いていました。
いろんなサプリを半年から1年位続けて変化がないと次の物と繰り返してきました。
めなりを半年程続けてきたある日症状に変化が、完治はしてはいませんが
病院の先生も驚くほど回復しました。
サプリなので短期間で結果を求めてなく長期戦での結果だと思います。
金額は決して安価ではありませんが続けていく価値のある商品だと思います。

Amazonより引用

加齢黄斑変性症は網膜の中心にある黄斑に障害が生じることによって起こります。

網膜の下にある異常な血管(脈絡膜新生血管)が破れると急激に視力が低下してしまうのが滲出型の黄斑変性症の特徴です。

タバコは血管を収縮させて血管が破れやすくなるので禁煙しましょう。

萎縮型の加齢黄斑変性症は、加齢で黄斑が萎縮することで視力が徐々に低下します。

抗酸化作用のあるルテインやアントシアニンを摂取することで目の酸化を抑制し、加齢黄斑変性症の進行を遅らせることができます。

ルテインやアントシアニンを効率的に摂取するのであればブルーベリーサプリの継続的な摂取をおすすめします。

ブルーベリーサプリに含まれるルテインやゼアキサンチンには、加齢黄斑変性症のリスクを低下させる効果があることが分かっています。

加齢黄斑変性症は、歳を重ねるごとに徐々に悪化していきますが、ルテインやゼアキサンチンを摂取することで予防することができるのです。

めなりサプリには、ルテインとゼアキサンチンが黄金比率で配合されてるので高い効果を期待できますよ。

老眼予防ブルーベリーサプリ選び方3:抗酸化成分が豊富なサプリ!

老眼予防に強いブルーベリーサプリを選ぶなら、抗酸化成分が豊富なサプリがおすすめです。

めなりサプリは、抗酸化成分が豊富に配合されてるので、老眼予防に強いブルーベリーサプリですよ。

☑抗酸化成分は目の酸化を防ぐ効果がある

抗酸化成分には、発生した活性酸素を除去して目の酸化を防ぐ効果があります。

活性酸素は若い時であれば眼球内にあるルテインの抗酸化作用で除去できますが、歳を重ねるごとにルテインは減少していきます。

活性酸素が発生する主な原因は、タバコや太陽光による紫外線、PCから発せられるブルーライトなどが挙げられます。

これらの活性酸素によって目が酸化してしまうと老眼になってしまい、様々な眼病を引き起こす可能性があるので注意する必要があります。

目の酸化予防に役立つ抗酸化成分には、ルテインやゼアキサンチン、アントシアニン、アスタキサンチン、クロセチン、ビタミンC、ビタミンEが挙げられます。

めなりサプリは、上記で挙げた成分を全て配合してる数少ないブルーベリーサプリなのでおすすめです。

☑[老眼予防口コミ3]眼科の先生に誉められました

ブルーベリーサプリで老眼による緑内障が改善した40代女性画像

私は、緑内障の為、眼圧が高いのです。そのために眼圧を下げる目薬が、欠かせないのですがついつい忘れがちに為ります。眼圧が、上がってしまい注意されたのをきっかけに めなりをのみ始め、その結果今は、眼科の先生に誉められました。


Amazonより引用

緑内障の原因は、眼圧の上昇によって視神経が障害されることです。

眼圧の上昇を抑えるにはカシスが有効です。

実際に緑内障患者にカシスアントシアニンを2年間摂取させたところ、目の血流が促進され、視野狭窄の進行を抑制してくれることが分かりました。

緑内障予防を期待してブルーベリーサプリを選ぶのであれば、カシス成分を配合してるサプリメントを選びましょう。

[ブルーベリーサプリ/老眼]老眼への効果

老眼の50代がスマホ操作する画像

ブルーベリーサプリの老眼への効果は、老眼を回復させることはできません。

しかし、サプリメントでの栄養補給や規則正しい生活習慣をすることで、老眼の進行を遅らせることは可能です。

[ブルーベリーサプリ効果]老眼の症状

「本を読むときに、小さい文字が読みづらくなってきた。」

「新聞を読むとすぐに目が疲れるようになった。」

このような症状は老眼が原因かもしれません。

老眼になるとピントが合わせづらくなります。

ピントが合わせづらくなると、物がぼんやりと見えて、じっと見つめないとはっきりと見ることができません。

老眼は誰もが通る道なので、今以上に悪化させないよう対策する必要があります。

[ブルーベリーサプリ効果]老眼のメカニズム

ピント調節のメカニズム

参天製薬より引用

老眼になるメカニズムを知ることで、ブルーベリーサプリの必要性も理解できます。

早いうちから対策すれば、老眼の進行を遅らせることができますよ。

☑毛様体筋が衰える

加齢によって目の筋肉である毛様体筋が衰えると、目が見えにくくなります。

理由は、「水晶体をコントロールできなくなる」「水晶体へ房水を上手く運べなくなる」の2点になります。

水晶体をコントロールできなくなる

毛様体筋には、レンズの役割がある水晶体のピント調節機能があります。

水晶体と毛様体筋は、線維であるチン氏帯で結合されており、毛様体筋を動かすことで水晶体の厚さを調節してピントを合わせてるのです。

しかし、加齢によって毛様体筋が衰えると、水晶体の厚さを上手くコントロールできなくなり、ピントが合わせづらくなります。

水晶体へ房水を上手く運べなくなる

房水は、血管が通ってない箇所に栄養を送り届ける役割があります。

毛様体筋は、この房水を水晶体へ送り届けてくれます。

しかし、毛様体筋が衰えてしまうと、水晶体へ房水が上手く行き届けなくなり、水晶体の硬化を引き起こしてしまいます。

☑水晶体が硬くなる

人間は物を見るときに、水晶体の厚さを調節して光の屈折を変えてます。

通常は光の焦点は網膜を結んでピントを合わせてます。

しかし、水晶体が硬くなると光の屈折力が異常になり、ピントが網膜よりも前で合わさってしまいます。

このように、水晶体の硬化でピントの焦点が合わなくなるとものが見えづらくなるのです。

☑虹彩の動きが遅くなる

虹彩には、目を大きくしたり小さくしたりする筋肉があります。

外界から入ってくる光の量を調節するのが虹彩の役割です。

虹彩が加齢によって衰えると、瞳孔(目の黒い部分)の開閉する機能も衰えます。

瞳孔が衰えると、暗いところでものが見えにくくなったりするので目に負担がかかります。

[ブルーベリーサプリ/老眼]緑内障への効果

緑内障に悩んでいるからブルーベリーサプリを探してる中年男性

ブルーベリーサプリメントに含まれる成分の一部に、緑内障予防効果が報告されてるものもあります。

緑内障は厚生労働省によると失明原因第1位なので、早期発見が重要です。

[ブルーベリーサプリ]老眼による緑内障の症状と効果

緑内障
参考画像:参天製薬

緑内障は発症してから放置してると、徐々に悪化していきます。

緑内障の進行を抑えるには早期発見して早く対策を打つ必要があります。

緑内障を早期発見するために症状をチェックましょう。

少しでも自覚症状があるようであれば速やかに病院で診察を受けることをおすすめします。

☑[緑内障の症状1]視野が狭くなる

緑内障は進行すると徐々に視神経が破壊されて視野が狭くなります。

しかも急激ではなく、徐々に進行していくので自覚症状に気付きにくいです。

白内障の場合は手術をすれば視力は回復します。

しかし、緑内障の場合は手術をしても一度失った視力は取り戻すことができません。

ですので、少しでも視野が狭くなったと感じたら速やかに病院で診察を受けた方が良いのです。

☑[緑内障の症状2]失明する

緑内障は日本国内での失明原因2位となっております。

しかし、一度緑内障になったら必ず失明するわけではありません。

早めに緑内障の症状に気づいてから治療を行えば進行を遅らせることができるからです。

緑内障での失明を防ぐにはやはり早期発見が重要なポイントになってくるでしょう。

[ブルーベリーサプリ]老眼による緑内障のメカニズムと効果

☑房水による眼圧上昇の仕組み

緑内障のメカニズムを知るには、まず房水と眼圧について説明する必要があります。

房水とは毛様体という組織から生み出されるもので、目に栄養を供給する役割があります。

この房水は目の中を循環しています。

具体的には毛様体から虹彩の裏へ、そして線維柱帯を通過してシュレム管へ排出されて、目の外の血管へ流れ出て行きます。

このように房水は産出と排出を繰り返して一定の圧力で目の形状を維持しているのです。

この圧力を眼圧と呼び、眼圧が高いと目が硬くなります。

なんらかの原因で房水が外へ排出されないままでいると、眼圧が上昇して目が硬くなり、視神経が圧迫されてしまいます。

脳内へ情報を送る役割がある視神経に障害が出ると視野が狭くなり緑内障となるのです。

これが緑内障のメカニズムです。

房水の循環画像

日本眼科学会より引用

☑緑内障は若い人でも発症する可能性もあり

緑内障は40代以降などの年を重ねた人だけに発症する病気ではありません。

20代などの若い人でも緑内障にかかる可能性があるのです。

一般的に3歳から40歳までに発症する緑内障のことを若年性緑内障と呼びます。

若年性緑内障は昔と比べると現代の方が増えてる傾向にあります。

若年性緑内障が増加している原因はスマホやパソコンなどの電子機器の普及です。

長時間のVDT作業を行うことで瞬き回数が減りドライアイになります。

ドライアイになると眼精疲労となり、ストレスが溜まってしまいます。

このように目を酷使する作業は緑内障の進行を促進させてしまいます。

これが若い人でも緑内障になる原因です。

☑緑内障の種類

緑内障にも様々な種類があります。

種類によって緑内障になる原因が異なり、ただ眼圧に注意するだけでは予防できない緑内障もあります。

[緑内障の種類1]原発開放隅角緑内障

原発開放隅角緑内障とは、シュレム管または線維柱帯が詰まっていないにも関わらず発症する緑内障です。

通常の緑内障では、何らかの原因で房水が排出されなくなり、目の中に房水が溜まることで眼圧が上昇して視神経が圧迫されます。

しかし、原発開放隅角緑内障はシュレム管または線維柱帯が開放されているのに緑内障が発症します。

眼圧が正常であるにも関わらず緑内障になってしまう正常眼圧緑内障も原発開放隅角緑内障に含まれます。

正常眼圧緑内障になる原因は、血流の悪化や加齢、ストレスなどが挙げられます。

正常眼圧緑内障は若い人でも発症しやすい病気なので油断しないように注意する必要があります。

[緑内障の種類2]原発閉塞隅角緑内障

原発閉塞隅角緑内障とは、シュレム管または線維柱帯が詰まることで房水が排出されなくなることが原因で発症する緑内障です。

房水が排出されなくなると急激に眼圧が上昇し、あっという間に緑内障が進行してしまいます。

これを急性緑内障発作と言います。

急性緑内障発作が怒ると、吐き気や頭痛、眼痛が起こりやすくなります。

最悪の場合失明に至る可能性もありますので、目に違和感を感じたらすぐに病院で診察を受けることをおすすめします。

[緑内障の種類3]続発緑内障

続発緑内障とは、すでに何らかの病気を持っておりそれが原因で緑内障が発症する病気です。

続発緑内障は、シュレム管または線維柱帯が詰まること(閉塞隅角)が原因の場合もあります。

一方でシュレム管または線維柱帯が開放されている(開放隅角)にも関わらず発症する場合もあります。

続発緑内障の原因は多岐にわたるので、早急に原因を解明して対策を打つのが最善策です。

[緑内障の種類4]発達緑内障

遺伝的な要因で生まれつき隅角に異常があり、眼圧が上昇して引き起こす緑内障を発達緑内障と呼びます。

生まれつき眼圧が高いと「牛眼」と呼ばれるように目が肥大化している場合が多いです。

若年齢の方が発症する場合が多く、特に乳幼児の場合は早急に対応する必要があります。

なぜなら、乳幼児での緑内障は急激に悪化する可能性が高く、眼圧がコントロールできたとしても成長に影響を与える可能性があるからです。

このように発達緑内障の疑いがある場合は、進行を抑制するためにも早急に治療を受けることをおすすめします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による緑内障の原因と効果

緑内障は加齢が原因で発症することが多いです。

しかし、場合によっては若い人でも発症します。

緑内障の原因はなるべく早めに把握しておきましょう。

原因を早めに把握することで適切な対策法を素早く行うことができますよ。

☑[緑内障の原因1]糖尿病

糖尿病の疑いがある人は緑内障になるリスクが高いので注意する必要があります。

糖尿病による高血圧は網膜に張り巡らされた毛細血管を傷つけ、様々な合併症を引き起こします。

これが糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症が悪化することによって併発する「新生血管緑内障」には注意が必要です。

糖尿病網膜症が悪化すると、網膜んい張り巡らされた毛細血管に血液が行き届かなくなります。

そうなるとなんとか血液を送り届けようと新しい血管を作ろうとして血管内皮増殖因子(VEGF)が大量に発生します。

その結果、目の虹彩や隅角を血管が塞いでしまい、房水の新陳代謝がうまく機能しなくなります。

房水の新陳代謝機能が低下すると眼圧は低下して緑内障へと繋がってしまうのです。

☑[緑内障の原因2]喫煙

普段から喫煙している人は緑内障に注意する必要があります。

喫煙によるニコチンは目の血流を悪化させます。

血流が悪化すると、房水の新陳代謝がうまく機能しなくなります。

そうなると眼圧が上昇し視神経が圧迫されて緑内障リスクが高まります。

タバコによる煙は、主流煙よりも副流煙の方が害があります。

緑内障の進行を妨げるには禁煙はもちろん、タバコの煙が目に晒されない環境に身を置くのも重要です。

☑[緑内障の原因3]紫外線

紫外線は目の中に活性酸素を発生させ酸化ストレスを与えます。

これによって緑内障のリスクが高まり神経細胞に障害が起こるので注意が必要です。

緑内障を予防するには、太陽光による紫外線から目を守る必要があります。

実際に、東北大学の研究では酸化ストレスが少ないマウスの方が緑内障の発生リスクが少ないことがわかっています。

次に、ヘスペリジンによって網膜の酸化ストレスがどれくらい抑えられるかを調べました。
緑内障モデルのマウスに酸化ストレスを加えると、ヘスペリジンを投与した群は、投与しない群に比べて、網膜の酸化ストレスが約4倍、抑えられました。
みかんの皮で酸化ストレス抑制
この研究によって、ヘスペリジンが神経細胞を酸化ストレスから守り、緑内障の発症や進行を抑える可能性があることが示唆されました。

ケンカツより引用

☑[緑内障の原因4]遺伝子

生まれつき緑内障のリスクが高い先天性緑内障は遺伝子が原因であることがわかっています。

昔はどの遺伝子が緑内障の原因であるのか分かりませんでした。

現在では常染色体優性遺伝の形をする遺伝子が緑内障の原因であることがわかっています。

しかし、遺伝子がどのように眼圧を上昇させて緑内障を引き起こすのかというメカニズムはまだわかっていません。

☑[緑内障の原因5]自律神経

自律神経のバランスが崩れると眼圧が上昇して緑内障リスクが高まるので注意する必要があります。

普通は活発が活動な日中に交感神経が働き、夜になるリラックスモードになると副交感神経が働きます。

しかし、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れ、交感神経が働きっぱなしになると危険です。

交感神経の働きが長時間続くと、房水の排出がうまくできなくなり眼圧が上昇してしまうのです。

これが自律神経の乱れによる緑内障のメカニズムです。

[ブルーベリーサプリ]老眼による緑内障の治療法と効果

緑内障は残念ながら自分で治療することは不可能です。

緑内障の疑いを感じたら速やかに眼科へ向かいましょう。

眼底検査をして治療が必要だった場合に、施すであろう治療の種類を紹介します。

☑[緑内障の治療法1]薬物療法

最も多い治療法が点眼薬や内服薬による薬物療法です。

まずは点眼薬で眼圧の高さの改善を試みます。

点眼薬には房水の産出を促すものと、房水の排出を促すものがあります。

個人の眼圧の高さで付与する点眼薬は変わってきます。

点眼薬の効果次第では内服薬を服用する場合もあります。

お手軽にできる治療ですが、効果がない場合は手術で対応する可能性が高いです。

☑[緑内障の治療法2]レーザー治療

緑内障の症状がひどくなって視力が急激に低下した場合は、レーザー治療で対応する可能性が高いです。

レーザー光線で虹彩の根部に穴をあけて、房水に新たな通り道を作ります。
または線維柱帯にレーザー光線を当てて房水を防ぐ抵抗を少なくします。

これによって房水が上手く排出されるようになり眼圧低下に繋がります。

レーザー治療は目に直接穴をあける必要がないので安全性が高い手術方法です。

☑[緑内障の治療法3]観血手術

観血手術とは直接目に穴をあけて、出血させて行う手術のことです。

薬物療法やレーザー治療などで眼圧が下がらない場合に観血手術を行います。

観血手術には,濾過手術やチューブシャント手術、流出路再建術など様々があります。

[ブルーベリーサプリ]老眼による緑内障の予防法と効果

緑内障は残念ながら自力で治すことはできません。

しかし、若い時から対策をすることで予防はすることができます。

緑内障になってから後悔しないように今から予防しておきましょう。

☑[緑内障の予防法1]ガムを噛む

意外に思われるかもしれませんが、ガムを噛むことは緑内障予防に効果的なのです。

はっきりとした因果関係はわかっていません。

ガムを噛むことによるリラックス効果で自律神経が整えられ房水の新陳代謝が改善される説や、ガムを噛むことによる血流促進が緑内障予防に繋がったのではないかと考えられています。

実際に、ガムを噛むことで眼圧が下がったという実験結果があります。

この結果から緑内障予防には一日20分ガムを噛むことが推奨されています。

ガム噛みの眼圧低下作用

ガムかみを行って20分後の眼圧測定では、平均眼圧が13.5ミリで、ガムかみ直後とほぼ同じ値を保っていました。
つまり、ガムかみによる眼圧低下作用は一時的なものではなく、その後もしばらくの間は持続することもわかったのです。


カラダネより引用

☑[緑内障の予防法2]多量のアルコール

多量のアルコール摂取は緑内障のリスクを高めるので注意する必要があります。

適度なアルコールは利尿作用があるので眼圧を下げる効果があります。

しかし、多量のアルコールを一気に摂取すると、隅角の狭い人は眼圧が上昇してしまいます。

ですのでお酒をたくさん飲むのは緑内障予防のために控えた方が良いでしょう。

とは言っても、大量の飲酒でないと眼圧は上がらないので普通に飲酒する分は問題ないでしょう。

一気に750~1000mlの水を一気に飲むと隅角の狭い人では眼圧が非常に高くなります。緑内障の診断試験にも利用する事もあります。


山下眼科より引用

☑[緑内障の予防法3]ネクタイをゆるめる

アメリカの研究ではネクタイの締め付けによる眼圧上昇が報告されています。

なぜならネクタイの締め付けは頭部の血流悪化に繋がり、目の房水の新陳代謝も悪化させてしまうからです。

ですので緑内障予防のためにネクタイをキツく締めすぎないようにしましょう。

もっと欲を言えば、シャツはなるべく緩いものを選び、第1ボタンも外した方が良いですね。

[ブルーベリーサプリ/老眼]緑内障予防に効果的な成分

緑内障は一度発症したら自力で治療することはできません。

しかし、緑内障は事前に予防することができます。

発症したから後悔しないように緑内障予防に有効な成分が配合されてるサプリメントを飲み続けることをおすすめします。

☑[ブルーベリーサプリの緑内障予防成分1]ルテイン

ルテインが緑内障予防に効果があることはまだはっきりと分かっていません。

しかし、抗酸化力が低いと緑内障が重症化しやすい研究結果が報告されており、ルテインの抗酸化力は緑内障予防へ効果がある可能性があります。

実際の、研究では65歳以下の男性が被験者の対象となっていましたが、65歳以上や女性でも効果が期待できますね。

少なくとも、体の抗酸化力が弱まると緑内障になりやすいという結果が出ている以上、抗酸化力のあるルテインを摂取するのは合理的であると言えるでしょう。

65歳以下の男性において抗酸化力が低いと緑内障が重症化しやすいことが明らかになりました。また、本研究によって、比較的若年の緑内障患者における全身的な抗酸化治療は、視野維持に有効な治療法になる可能性があると示されました。


東北大学大学院医学系研究科より引用

☑[ブルーベリーサプリの緑内障予防成分2]カシス

カシス成分には緑内障進行抑制作用が期待できます。

緑内障の進行を抑制するには、眼圧を下げる必要があります。

カシスには上昇した眼圧をコントロールして正常な状態に戻す役割があるのです。

実際に、緑内障患者にカシスを摂取してもらったところ、眼圧の上昇が抑制されたという実験結果があります。

実験では、健常者がカシスを摂取した時と摂取しなかった時で眼圧の変化を比較すると、眼圧は上昇しました。

一方で緑内障患者がカシスを摂取した時と摂取しなかった時で眼圧の変化を比較すると、眼圧は下がりました。

この結果からカシスには緑内障の原因である眼圧をコントロールする効果があることがわかります。

カシスを普段から摂取しない人は、緑内障予防のためにサプリメントで効率的に摂取しましょう。

カシスアントシアニンは眼圧もコントロールする

カシスを摂取したときとそうでない場合の眼圧の変化を、 健常な人(図3)と緑内障患者(図4)でそれぞれ比較しました。その結果、健常な人ではカシスの摂取で眼圧が上がる傾向にある緑内眼圧の低下が認められました。また、眼圧が上がる傾向にある緑内障患者において、 眼圧の上昇がた抑えられたことが確認されました。図4の新たな研究の対象は臨床試験に協力していただいた緑内障患者のうち、点眼薬を数種類使用している患者を除き、1剤のみで治療している正常眼圧緑内障患者21名(カシス摂取群12名、プラセボ摂取群9名)となっています

カシスと眼圧の関係


日本カシス協会より引用

☑[ブルーベリーサプリの緑内障予防成分3]クロセチン

クロセチンには眼圧が正常でも緑内障になってしまう正常眼圧緑内障を予防する効果があります。

正常眼圧緑内障の原因は、グルタミン酸に似た興奮性神経毒性物質による神経の変化にあります。

クロセチンには神経保護作用があり、正常眼圧緑内障への予防が期待できます。

神経保護作用があるクロセチン は、網膜神経細胞の変性を抑制してくれます。

網膜神経細胞の変性が抑制されると視神経の低下も防ぐことが可能になります。

つまり、視神経の低下が防げれば視野が狭くなる症状も抑制でき、緑内障の進行予防を期待できるのです。

一般的に緑内障とは、「眼圧の上昇により圧迫された視神経が障害を受ける疾患」であり、
「高眼圧」が危険因子であると言われています。
しかし近年、高眼圧以外に「グルタミン酸のような興奮性神経毒性物質の関与による神経変性」が指摘されており、
眼圧コントロールとは異なる手法による緑内障対策が注目されています。


http://www.chacha-cha.com/?mode=f2より引用

[ブルーベリーサプリ/老眼]白内障への効果

白内障の疑惑でスマホでブルーベリーサプリを探してる中年男性

ブルーベリーサプリが老眼による白内障への効果を紹介します。

白内障は水晶体の酸化が原因なのでルテインなどの抗酸化成分を補うことが重要です。

[ブルーベリーサプリ]老眼による白内障の症状と効果

白内障の症状画像
参考画像:東海工学株式会社

白内障の症状を紹介します。

少しでも当てはまる場合は速やかに病院で診察しましょう。

白内障を早期発見できれば、進行が浅いうちに対策を打つことができますよ。

☑[白内障の症状1]目がかすむ

白内障は水晶体の白濁が原因です。

老化によって水晶体内のタンパク質が変質し白濁するのです。

目がかすむ理由もこの水晶体の白濁にあります。

網膜にある黄斑部から見たときに、白濁が障害物となり目がかすんで見えます。

目がかすむだけであれば、ただの疲れ目と勘違いする人が多いです。

しかし、目を酷使していないのに目がかすむ場合は白内障の確率が高いので速やかに病院へ行きましょう。

☑[白内障の症状2]光がいつもよりまぶしく感じる

白内障になると光がいつも以上にまぶしく見えることがあります。

白内障によってまぶしく見える理由は、光の乱反射にあります。

目で光を見るときには水晶体を通って網膜まで届きます。

しかし水晶体の一部が白濁していると、水晶体の屈折が変わり光が散乱します。

これが乱反射です。

目に入ってくる光が乱反射するといつもよりもまぶしく見えるのです。

☑[白内障の症状3]視力が低下する

白内障は視力の低下にもつながります。

水晶体内の白濁している部分が大きくなると、目に入ってくる光が遮られてしまいます。

そうすると、網膜まで光が届きづらくなってしまい、脳へ十分な情報を送り届けることができなくなります。

これが白内障が視力低下につながるメカニズムです。

[ブルーベリーサプリ]老眼による白内障のメカニズムと効果

ブルーベリーサプリ老眼による白内障のメカニズムは、目への酸化ストレスにあります。

目への酸化ストレスは水晶体の白濁に繋がり白内障を引き起こすのです。

☑酸化ストレスで水晶体のタンパク質は濁る

白内障は目の中にある水晶体の濁りが原因です。

ではなぜ水晶体の一部が白濁してしまうかご存知でしょうか?

水晶体が白濁する理由は、水晶体を構成する細胞にあるクリスタリンタンパク質が原因です。

クリスタリンタンパク質は、通常非常に小さく水晶体に悪影響は与えることはありません。

しかし、クリスタリンタンパク質を構成するアミノ酸が酸化してしまうと、クリスタリンタンパク質が異常に大きくなってしまうのです。

これが水晶体が白濁する理由です。

つまり、白内障は水晶体内のタンパク質が異常変質することによって生じる病気なのです。

白内障のメカニズム

眼科先進医療研究会より引用

☑白内障は若い人でも発症する

白内障は紫外線や加齢が原因で発症する場合が多いです。

多くの場合は、加齢による白内障が原因のケースが多いです。

40代から進行し始めて年齢を重ねるごとに症状が進行していきます。

しかし、若いからと言って白内障を侮ってはいけません。

白内障は若い人でも発症するのです。

特にアトピー性皮膚炎の持病を持っている人は注意する必要があります。

目のかゆみに耐えられず、頻繁にまぶたをこすったりすると、白内障になりやすくなります。

また、長い時間をかけて副腎皮質ステロイド性抗炎症点眼剤を投与するのも白内障リスクを高めます。

このように白内障は若い人でも発症する可能性があるので注意が必要です。

発症頻度は40歳代から進行しはじめ、50歳代では40~50%、60歳代では70~80%、70歳代で80~90%、80歳以上はほぼ100%の人に白内障の進行がみられるようです。
医療法人社団海仁より引用

☑白内障の種類

白内障の種類を紹介します。

白内障は遺伝による先天性白内障もありますが、後天的白内障の方が種類が多いです。

特に後天的白内障であれば、予防は可能なので早めに対策しておくことが重要です。

[白内障の種類1]先天性白内障

先天性白内障とは、生まれつき白内障の症状がある病気です。

先天性白内障の原因は2点あります。

1点目は遺伝的なものです。

2点目は妊娠中の母親の風疹によるものです。

先天的な白内障であっても、症状が軽いもあれば重いものもあります。

症状が軽ければ放置しても問題ないでしょう。

しかし、症状が重いものに関してはすぐに手術する必要があります。

たとえ、生まれたばかりの赤ちゃんであっても、白内障であればできるだけ早めに手術しなければなりません。

なぜなら、幼い時から目が見えないことは赤ちゃんの発達に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

[白内障の種類2]後天性白内障

後天性白内障とは、先天性白内障とは正反対の位置に属するものであり、生まれた後のなにかしらの原因で発症する病気です。

原因としては強度近視、老化、糖尿病、アトピーなどが挙げられます。

対策法も原因によって様々なので、なるべく早く原因を発見することが重要です。

[白内障の種類3]併発白内障

併発白内障とは、他の病気が原因で白内障を発症してしまうことです。

特に、糖尿病やアトピーは白内障を併発するケースが多いので注意が必要です。

進行がまだ浅いうちに対処をしないと、深刻な状況になってる可能性が高いです。

早期発見のためにも、違和感を感じたらすぐに病院へ行くことが重要です。

[白内障の種類4]糖尿病性白内障

糖尿病を患っている人は白内障になりやすいです。

そして糖尿病から併発する白内障を糖尿病性白内障と言います。

糖尿病の人は血糖コントロールがうまく機能できず、糖の一種「ソルビトール」が蓄積して白内障になってしまいます。

また、糖尿病の人は糖尿病網膜症という病気も併発する可能性があります。

このように糖尿病を患っている人は白内障を併発するリスクが高いので注意する必要があります。

[白内障の種類5]アトピー性白内障

アトピー性白内障とはアトピーで目の周りが痒くなる人に起こりやすい病気です。

アトピーによる痒さで目をこすって外傷を与えてしまうと、目の水晶体を傷つけてしまう可能性があり白内障になってしまいます。

また、アトピーの人に有効な薬であるステロイド剤が白内障の原因になる可能性もあり、注意する必要があります。

[白内障の種類6]外傷性白内障

外傷性白内障とは、目に物理的ダメージを与えた時に発生する白内障です。

白内障になる理由は、目に外傷を与えてしまうと、水晶体も傷つけてしまうからです。

特にスポーツや交通事故などで目を打撲して発症する場合が多いです。

目に外的なダメージを受けてしまった場合は、早急に病院で検査してもらった方が良いでしょう。

[白内障の種類7]薬剤性白内障

薬剤性白内障とは、他の病気の治療として服用していた薬が原因で白内障になってしまう病気です。

特にアトピーなどのアレルギーを抑えるために使うステロイド剤は白内障を併発する可能性があるので注意が必要です。

ステロイド剤は長い期間使うと白内障を引き起こすリスクが高いことが分かっています。

また、緑内障に使われる点眼薬「ピロカルピン」も薬剤性白内障の原因になりやすいことも報告されています。

[白内障の種類8]加齢白内障

加齢白内障は老化が原因の白内障です。

白内障の種類の中でも最も発症しやすいのがこの加齢白内障です。

症状が早い人は40代から水晶体が濁り始めます。

80代になるとほとんどの人が発症します。

なるべく症状を進行させないようにするには紫外線によるダメージから目を守ることです。

太陽光による紫外線にはA波とB波があります。

A波は防御することが難しいですがB波は帽子やサングラス、日傘で防ぐことが可能です。

日差しが強い日のお出かけは、なるべく目が日焼けしないように対策をした方が良いでしょう。

[白内障の種類9]後嚢下白内障

後嚢下白内障とは水晶体の裏側が濁ることによって発生する白内障です。

加齢だけではなくアトピーの人も後嚢下白内障を併発する可能性があります。

後嚢下白内障は基本的に水晶体の中央部に発症することが多いです。

一度発症すると急激に視力が低下することが多いので注意が必要です。

最悪の場合失明に至る可能性もあります。

早めに病院へ行って治療を受けることをおすすめします。

[白内障の種類10]皮質白内障

皮質白内障とは、水晶体の外側から白濁していく白内障です。

多くの人がこの皮質白内障を発症します。

皮質白内障は急激に視力低下することが少ないです。

しかし進行が遅いと症状を自覚するのが遅いので、気付いた時には深刻な状況になってるパターンが多いです。

[白内障の種類11]核白内障

核白内障とは、水晶体中央部から濁りが生じる白内障です。

水晶体の核が濁ると硬くなり手術が困難になります。

水晶体の核が硬くなると、色彩感覚が変わります。

ですので黄色や褐色を帯びてきたら各白内障を疑った方が良いでしょう。

また、核白内障はそのまま放置していると合併症のリスクが高まります。

核白内障の自覚症状を少しでも感じた場合は、早急に眼科へ診察を受けるようにしましょう。

[ブルーベリーサプリ]老眼による白内障の原因と効果

白内障の原因は糖尿病、加齢、太陽光による紫外線など様々です。

できるだけ早めに白内障の原因を知っておきましょう。

原因を早めに知ることで、それだけ早く適切な対処法を施すことが可能です。

☑[白内障の原因1]糖尿病

白内障の原因の一つに糖尿病があり、これによる病気を糖尿病白内障と言います。

糖尿病白内障の原因は高血圧によるものです。

目の奥にある網膜にはたくさんの毛細血管が張り巡らされています。

高血圧だとこの毛細血管に負担をかけてしまい出血を起こしてしまうことがあります。

目を見るために必要な網膜に出血されてしまうと、急激に視力が低下します。

最悪の場合失明に至る場合もあるので、糖尿病の疑いがある人は注意する必要があります。

☑[白内障の原因2]加齢による酸化ストレス

白内障の原因でもっとも多いのが加齢による酸化ストレスです。

タンパク質でできている水晶体が紫外線や加齢などによって酸化してしまうと、タンパク質が変質して白濁します。

人間には通常タンパク質を分解する酵素が含まれています。

古いタンパク質を分解したり新しいタンパク質を生成したりして新陳代謝を促しているのです。

しかし、老化で新陳代謝が鈍って蛋白質分解酵素が少なくなると新しいタンパク質が生まれるスピードも遅くなります。

若い時であれば、たとえ紫外線で水晶体に酸化ストレスがかかっても、すぐに新しい細胞に生まれ変わってくれました。

しかし老化すると、水晶体が酸化ストレスに対応できなくなり、水晶体の一部が白濁し、白内障となってしまうのです。

☑[白内障の原因3]紫外線

ガラス細工職人が白内障にかかりやすいと言われているのをあなたはご存知ですか?

カラス細工職人は、溶鉱炉で毎日強い赤外線を浴びているので、これが原因で白内障になってしまう人が多いのです。

赤外線と同様に太陽光による紫外線も白内障の原因になります。

紫外線を浴び続けると、目の中に活性酸素を発生させて水晶体の白濁リスクがあります。

日差しの強い時には白内障対策のために、帽子や日傘、サングラスで紫外線予防をすることをおすすめします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による白内障の予防法と効果

白内障は一度発症すると自力で治すことはできません。

しかし、普段の生活習慣を変えることで予防することは可能です。

白内障の予防法は早いうちから始めることをおすすめします。

☑[白内障の予防法1]禁煙する

白内障の予防するのであれば、喫煙している人は禁煙をしましょう。

なぜなら、喫煙すると目の水晶体内のビタミンCが破壊されてしまうからです。

抗酸化力のあるビタミンCが破壊されると目の酸化が進行し、白内障が悪化してしまいます。

実際に、喫煙者は白内障の発生率が高いですので、禁煙することをおすすめします。

☑[白内障の予防法2]運動の習慣をつける

白内障になりやすい人の特徴に血流が悪い点が挙げられます。

なぜなら血流が悪いと新陳代謝も悪くなるため、水晶体の白濁が進行してしまうからです。

血流の悪さは運動による新陳代謝促進によって改善可能です。

毎日適度な運動を続けることで血流が改善し白内障予防になるのです。

☑[白内障の予防法3]日差しが強い時にはサングラスをかける

サングラスをかけることは白内障の予防に繋がります。

白内障の原因は水晶体の白濁にあります。

太陽光による紫外線は水晶体の白濁リスクを高めるので注意が必要です。

なぜなら太陽光による紫外線は水晶体の中に活性酸素を発生させて目の酸化ストレスになるからです。

日差しが強い日にお出かけするのであればサングラスをして目を守ることが重要です。

☑[白内障の予防法4]PC作業時にはブルーライトカットメガネをかける

※パソコンやスマホから発せられるブルーライトも白内障リスクを高める可能性があるので注意しましょう。

ブルーライトを長時間目に浴び続けると、目が酸化して水晶体の濁りに繋がる恐れがあります。

長時間のVDT作業をするのであれば、ブルーライトカットメガネをかけることをおすすめします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による白内障手術後の合併症効果に注意

白内障は手術後に合併症を発症する可能性が高いので注意する必要があります。

手術後は虹彩炎や角膜浮腫、眼圧上昇などの心配がありますが、普通であれば数週間で治るでしょう。

ひどい合併症では、手術によって目に細菌が混入し、眼内炎で最悪の場合失明に至る可能性もあります。

また、手術によって水晶体嚢の後ろが濁ってくる場合もあるので、手術してから数年は注意して観察する必要があります。

白内障手術後の合併症リスクは他にあげるとするならば、硝子体出血や網膜剥離などが挙げられます。

いずれにせよ、目に違和感を感じたら速やかに病院へ行き、眼科で検査してもらうのが最善策でしょう。

[ブルーベリーサプリ]老眼による白内障予防に効果的な成分

白内障は残念ながら一度発症したら自力で治すことはできません。

しかし、白内障は予防することは可能です。

白内障になってから後悔しないように、ブルーベリーサプリメントで予防しましょう。

☑[白内障の予防成分1]ルテイン

ルテインとはカロテノイドの一種で、白内障予防に効果的な成分です。

白内障は、目の水晶体が濁りタンパク質が変質してしまうことが原因です。

水晶体の濁りが網膜に覆いかぶさると、目がぼやけてしまい視力が低下してしまいます。

水晶体の濁りの原因は加齢や紫外線などが挙げられます。

加齢や紫外線は水晶体内に活性酸素を発生させて濁りが出る可能性があります。

ブルーベリーサプリメントによく配合されているルテイン成分には、抗酸化作用があり活性酸素を抑制する効果があります。

実際にルテインが豊富に含まれているほうれん草を8年間摂取した被験者とそうでない被験者を比べると、白内障のリスクが5割も違ったという結果が出ています。

このようにルテインは白内障予防に効果的なのです。

ヒト体内において,ルテインとその構造異性体のゼアキサンチンは網膜黄斑部や水晶体等に特異的かつ高濃度に局在しており1),強い抗酸化作用と細胞損傷を誘発する有害な青色光の吸収作用により加齢黄斑変性症や白内障に対して予防・改善等の特異的な生理機能を有する


公益財団法人 不二たん白質研究復興財団より引用

☑[白内障の予防成分2]アントシアニン

ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンは白内障予防に有効な成分です。

なぜならアントシアニンには抗酸化作用があり、白内障の原因である水晶体の濁りを防止してくれるからです。

水晶体のグリケーション(糖化)は加齢や紫外線が原因です。

アントシアニンはブルーベリーやビルベリーに多く含まれていますが、効果を期待するには大量に摂取する必要があります。

しかし、アントシアニンを豊富に含んだめなりサプリメントであれば効率的に摂取できます。

このように普段からサプリメントでアントシアニンを摂取しておけば、抗酸化作用で加齢や紫外線のリスクから目を守り、白内障予防になるのです。

白内障の水晶体混濁は、タンパクのグリケーションが主要な原因であるが、ブルーペリー・アントシアニンは、このグリケーションを防止する。また、活性酸素も消去する。


日本ブドウ・ワイン学会より引用

☑[白内障の予防成分3]アスタキサンチン

ルテインやβカロテンなどのカロテノイドの一種にアスタキサンチンという成分があります。

アスタキサンチンはシャケやいくらなどに含まれる赤い色素です。

アスタキサンチンの大きな特徴は、ビタミンEの数百倍もの抗酸化作用があることです。

このアスタキサンチンの強力な抗酸化作用は、水晶体の活性酸素を抑制して白内障を予防してくれます。

アスタキサンチンは特に紅鮭に多く含まれ、白内障の進行予防には切り身2切れが必要とされてます。

食事でアスタキサンチンを摂取するのが難しいのであれば、めなりサプリメントで効率的に摂取することをおすすめします。

アスタキサンチンは、白内障を予防するなら1日1〜2ミリグラム(紅サケなら80グラム)を、白内障の進行予防や改善を期待するなら1日6ミリグラム(紅サケなら切り身2切れ)が目安です。


カラダネより引用

☑[白内障の予防成分4]ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑制する効果があります。

活性酸素の抑制は、目の酸化リスクを低くし、水晶体の濁りも発生しづらくなります。

つまり、ビタミンCは白内障の進行を遅らせてくれる効果があるのです。

実際に実験でも、ビタミンCの摂取量が多い人ほど、老人性白内障である確率が低いという結果も出ています。

実験では、被験者を5つのグループに分け、その後5年間で老人性白内障になっているかを検証しています。

その結果、ビタミンCをもっとも摂取したグループが最も老人性白内障になりづらく、一方でビタミンCの摂取量が最も低いグループは老人性白内障のリスクが最も高いことがわかりました。

そして実際に白内障の手術をした人とビタミンCの摂取量の関連性を調べても、ビタミンCを摂取した人ほど白内障手術を受ける確率も少ないことが変わっています。

一般的に血液内のアスコルビン酸濃度は高い人の方が白内障のリスクが低いとされています。

ビタミンCを摂取することで眼組織内のアスコルビン酸濃度が高くなり、老化による白内障リスクが低くなるのです。

このようにビタミンCは白内障予防に効果的な成分であることがわかりますね。

ビタミンCの摂取量が多いほど、老人性白内障と診断される率が低くなる

ビタミンCの摂取量を男女ともにそれぞれ均等に5つのグループに分けて、その後5年間の老人性白内障の発症(診断の自己申告)との関係を解析しました(図1)。図の縦軸は、老人性白内障のなりやすさを示しています。ビタミンCの摂取量が一番少ない人のグループを1として、それ以上摂取する人の群がどのくらい(何倍)、老人性白内障になりやすいかを示しています。

ビタミンCと白内障の相関関係グラフ

解析の結果、ビタミンCの摂取量が多くなるにつれて、発症リスクが低くなる傾向が見られました。ビタミンCの摂取量が最も多いグループの発症リスクは、最も少ないグループに比べ、男性で0.65倍、女性で0.59倍、つまり、男性では35%、女性では41%低くなっていました。

富士化学工業株式会社より引用

[ブルーベリーサプリ/老眼]加齢黄斑変性症への効果

加齢黄斑変性症疑惑でスマホでブルーベリーサプリを探す中年男性

ブルーベリーサプリの老眼による加齢黄斑変性症への効果を紹介します。

ルテインとゼアキサンチンは加齢黄斑変性症リスクを低下させる効果があります。

めなりサプリは、ルテインとゼアキサンチンが黄金比率で配合されてるのでおすすめのブルーベリーサプリとなっております。

[ブルーベリーサプリ]老眼による加齢黄斑変性症の症状と効果

加齢黄斑変性症

参考画像:参天製薬

加齢黄斑変性症は加齢によって発症する病気です。

歳を重ねる度に徐々に進行するので気づかないうちに深刻な状況になっている場合が多いです。

加齢黄斑変性症は、深刻な状況になってからでは治療が難しい場合が多いので早期発見が重要です。

これから紹介する自覚症状がある方は速やかに眼科へ診察を受けることをおすすめします。

加齢黄斑変性症の症状を知っておくことで、素早く自覚症状に気づくことができ、早期発見に繋がりますよ。

☑[加齢黄斑変性症の症状1]変視症

加齢黄斑変性症の症状の一つに変視症が挙げられます。

変視症とは、中心部が歪んで見える症状です。

網膜の下に液体が蓄積されたり、網膜が腫れると変視症になりやすいです。

なぜなら、網膜が歪んでしまって、その歪みが症状として現れるからです。

黄斑の中心部への障害なので、周辺部は影響を受けず正常に見えます。

変視症

日本眼科学会より引用

☑[加齢黄斑変性症の症状2]視力低下

加齢黄斑変性症が発症すると視力低下に繋がります。

網膜の黄斑部が何らかの原因で異常をきたすと、網膜から障害物が映ってしまうので視力が低下するのです。

黄斑部は目の中心にあるので、真ん中だけが見えづらくなる中心暗点になります。

また、網膜に張り巡らされている毛細血管から出血が起きると、急激に視力が低下します。

一般的に萎縮型よりも滲出型の方が進行が早く、早急な対応が必要となります。

☑[加齢黄斑変性症の症状3]色覚異常

加齢黄斑変性症が進行すると視力低下だけでなく、色覚異常も起こります。

色覚異常は今までと見え方が異なってくるのですぐに異変に気づきます。

色覚異常が起こった頃には、加齢黄斑変性症が進行している可能性が高いです。

少しでも色の見え方に違いを感じた場合は、眼科へ診察を受けてすぐに治療した方が良いでしょう。

[ブルーベリーサプリ]老眼による加齢黄斑変性症のメカニズムと効果

ブルーベリーサプリ老眼による加齢黄斑変性症のメカニズムは、加齢の酸化ストレスで説明できます。

加齢の酸化ストレスを予防するには、抗酸化成分が効果的です。

めなりサプリには、抗酸化成分が豊富に配合されているのでおすすめのブルーベリーサプリです。

☑黄斑と目の構造について

目の構造画像

日本眼科学会より引用

加齢黄斑変性症のメカニズムを知るには、まず黄斑と目の構造について理解する必要があります。

網膜は目の奥にあり、外からの光を受け取って信号情報に変換して脳に送り届ける役割があります。

この網膜の中心にある小さい部分が黄斑になります。

黄斑は文字通り黄色いのですが、この黄色はキサントフィルという色素が黄斑に多く含まれているからです。

また、黄斑の中心にあるのが中心窩と呼ばれるもので、この中心窩は目から入ってきた光を受け取る役割があります。

黄斑部分で受け取る光は正しく脳へ信号として送られるので物が見えやすいです。

しかし、この黄斑部に加齢などの酸化ストレスで障害が起きると急激に視力が低下してしまうのです。

これが加齢黄斑変性症です。

加齢黄斑変性症の原因は大きく分けて萎縮型と滲出型の2種類に分かれます。

一般的には、滲出型の方が萎縮型に比べて急激に進行してしまう特徴があります。

☑萎縮型の加齢黄斑変性症

萎縮型の加齢黄斑変性症とは、網膜の下にある網膜色素上皮が加齢とともに徐々に萎縮していくことで発症する病気です。

網膜色素上皮が萎縮すると、網膜の機能が低下するので視力が低下します。

網膜色素上皮の萎縮は加齢とともに徐々に進行します。

徐々に進行するので、最初は気づかない場合が多いのです。

しかし、気付いた頃には加齢黄斑変性症の進行が深刻になっている場合があります。

自覚症状が少しでもある場合は、早急に病院で診察を受けた方が良いでしょう。

☑滲出型の加齢黄斑変性症

滲出型の加齢黄斑変性症は、脈絡膜新生血管と呼ばれる異常な血管が網膜を侵食することによって発症する病気です。

異常な血管は、網膜色素上皮の上や脈絡膜と網膜色素上皮との間に侵入されることが多いです。

異常な血管である脈絡膜新生血管は脆く、出血することもあります。

出血すると網膜が腫れてしまったり(網膜浮腫)、網膜上に血液が蓄積されて(網膜下液)、網膜の機能が急激に低下します。

網膜の機能が低下すると、急激に視力も低下するので注意する必要があります。

[ブルーベリーサプリ]老眼による加齢黄斑変性症の原因と効果

加齢黄斑変性症の原因は、主に目の老化によるものです。

しかし、老眼以外が原因で黄斑変性症になる場合もあります。

加齢黄斑変性症の疑いがある人は早めに原因を特定しましょう。

原因を特定することで、適切な対処を素早く行うことができますよ。

☑[加齢黄斑変性症の原因1]加齢による黄斑の変性

加齢黄斑変性症は加齢が主な原因となっております。

網膜色素上皮の下部に老廃物が貯まることによって目の黄斑部が変性してしまい視力が低下するのです。

目の奥にある網膜は、目から入ってきた光を信号に変換して脳に送り届ける役割があります。

この網膜の中央にあるのが黄斑になります。

網膜は中心だとよく見えますが、網膜の中心を外れると視力が極端に低下します。

したがって、網膜の中央にある黄斑に異常があると視力が低下してしまうのです。

目の奥にある黄斑は、キサントフィルという黄色い色素からなっていますが、加齢とともに変性してしまうのです。

☑[加齢黄斑変性症の原因2]カロテノイドの摂取量が少ない

カロテノイドの摂取量が少ないと加齢黄斑変性症になりやすいという研究報告があります。

カロテノイドにはルテインやゼアキサンチン、βカロテンなどが挙げられます。

ブルーベリーサプリメントめなりには上記のカロテノイドがすべて配合されております。

めなりを毎日飲み続けることで、カロテノイドの摂取量を高めることができますよ。

これであれば、カロテノイドの摂取量の少なさによる加齢黄斑変性症リスクを心配する必要はないでしょう。

☑[加齢黄斑変性症の原因3]遺伝子による先天的な原因

加齢黄斑変性症は生まれつきなりやすい人もいます。

これは遺伝子が影響している可能性が高いです。

遺伝子による加齢黄斑変性症は多く報告されています。

特にHTRA1、ARMS2、補体因子H(CFH)遺伝子は加齢黄斑変性症との関連性が強いです。

遺伝的な原因による加齢黄斑変性症の場合は、速やかに眼科へ診察に行くことをオススメします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による加齢黄斑変性症の治療法と効果

萎縮型による加齢黄斑変性症は、残念ながら有効な治療法が見つかっておりません。

ルテインが豊富に含まれてるサプリメントで栄養を補い、これ以上進行しないように注意する必要があります。

滲出型の加齢黄斑変性症は治療によって改善を期待できます。

☑[加齢黄斑変性症の治療法1]抗VEGF薬治療

滲出型の加齢黄斑変性症は、網膜の下に張り巡らされてる新生血管が増殖したり、毛細血管から出血することが原因です。

この新生血管の増殖や毛細血管の出血は血管内皮増殖因子(VEGF)が原因となっています。

抗VEGF薬とは脈絡膜新生血管の成長を抑制してくれる薬です。

抗VEGF薬を投与することで、血管内皮増殖因子(VEGF)の働きを抑制し、新生血管の増殖や毛細血管からの出血を抑えることができます。

☑[加齢黄斑変性症の治療法2]光線力学的療法(PDT)

光線力学的療法(PDT)とはレーザー治療のことで、視力低下の元となる物質をレーザーで破砕する治療法です。

レーザーで照射する前に、光感受性物質であるビスダインを点滴します。

光線力学的療法(PDT)を行う前に、造影検査で脈絡膜新生血管を確認し、レーザーで照射する場所を確認します。

治療には専用のレーザー器が必要となっており、眼科PDT認定医が治療を行わなければなりません。

☑[加齢黄斑変性症の治療法3]レーザー光凝固術

脈絡膜新生血管が黄斑から遠い位置にある場合は、直接レーザー光線で凝固させて破砕します。

レーザーの波長を変えることによって、レーザーが届く距離を調整することが可能です。

脈絡膜新生血管が黄斑から近い位置にある場合は、黄斑へのダメージリスクがあるのでレーザー光凝固術は行いません。

[ブルーベリーサプリ]老眼による加齢黄斑変性症の予防法と効果

加齢黄斑変性症は自力で治療するのは不可能です。

しかし、加齢黄斑変性症は予防することは可能です。

普段から予防するように心がけると良いでしょう。

☑[加齢黄斑変性症の予防法1]肥満を解消すること

肥満は加齢黄斑変性症のリスクを高めることが分かっています。

加齢黄斑変性症だけでなく他の病気発症リスクも高めてしまうのが肥満です。

確かに肥満は簡単に解消するのは難しいかもしれません。

しかし、食事・運動・睡眠を意識し続けることで少しずつ改善していきます。

加齢黄斑変性症を予防するのであれば肥満を解消することをおすすめします。

☑[加齢黄斑変性症の予防法2]禁煙

喫煙は加齢黄斑変性症のリスクを高めるので禁煙しましょう。

なぜなら、喫煙は目に酸化ストレスを与え、老眼を促進してしまうリスクがあるからです。

また喫煙によって目の中にあるビタミンCを破壊してしまうので目によって良いことはありません。

加齢黄斑変性症を予防するのであれば早いうちから禁煙することをおすすめします。

☑[加齢黄斑変性症の予防法3]紫外線予防

紫外線予防は加齢黄斑変性症対策に効果的な方法です。

なぜなら太陽光による紫外線は目の網膜に活性酸素を発生させ目の老化を進行させるからです。

目の老化が進行すると加齢黄斑変性症リスクが高まるので紫外線から目を守りましょう。

紫外線対策にはサングラスや帽子をかぶることが有効です。

特に日差しの強い日に外出するのであればサングラスや日傘、帽子のいずれかは必ず持って行った方が良いでしょう。

☑[加齢黄斑変性症の予防法4]ブルーライトをカット

パソコンやスマートフォンから発せられるLEDブルーライトは目の中に活性酸素を発生させる原因となるので注意が必要です。

黄斑変性症は加齢によるものが多いですが、タブレットが普及している現代では若い人でも発症リスクがあります。

特に仕事でVDT作業をしている人はブルーライトカットメガネをかけた方が良いでしょう。

また、パソコン作業を長時間行うのであれば、一時間毎に適度な休憩を取るのも一つの手です。

☑[加齢黄斑変性症の予防法5]バランスの良い食事

バランスの良い食事を取ることは加齢黄斑変性症の予防に効果的です。

加齢黄斑変性症は加齢で目の中にある黄斑が変化してしまうことが原因です。

カロテノイドの一種であるルテインには抗酸化作用があり、酸化ストレスの原因である活性酸素の発生を抑制する効果があります。

ですのでほうれん草やブロッコリーをはじめとしたルテインを豊富に含む緑黄色野菜を積極的に摂取することは加齢黄斑変性症予防に効果的なのです。

[ブルーベリーサプリ]老眼による加齢黄斑変性症に効果的な成分

加齢黄斑変性症(AMD)は加齢に伴って発症する病気です。

一度発症すると自力で治療するのは不可能です。

しかし、加齢黄斑変性症は事前に対策をしておけば予防することはできます。

加齢黄斑変性症の予防に効果がある成分を効率的に摂取できるサプリめなりがおすすめです。

☑[加齢黄斑変性症に効果的な成分1]ルテイン

ルテインは加齢黄斑変性症から守ってくれる成分で、カロテノイドの一種でもあります。

目の水晶体や黄斑部にこのルテインは含まれていて、強い抗酸化作用を守っています。

しかし、加齢が進むと目の黄斑部に存在するルテインの量は減少します。

ルテインの量が減少すると、紫外線やブルーライトによる活性酸素の発生を抑えることができず、黄斑の濁りを進行させてしまうのです。

ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜にルテインは豊富に含まれており、加齢黄斑変性症を予防するのであれば、意識して食べ続ける必要があります。

「ほうれん草やブロッコリーを毎日食べるのは難しい。」

こんな風に感じる人は、目に効果があるサプリメントで効率的にルテインを摂取すると良いでしょう。

☑[加齢黄斑変性症に効果的な成分2]亜鉛

抗酸化ミネラルである亜鉛は加齢黄斑変性症の進行抑制効果があることが分かっています。

実際に、3640人の被験者を3グループに分けて亜鉛または抗酸化物質を投与したところ、加齢黄斑変性症の進行が7~8割まで抑制できることが明らかになりました。

また、亜鉛は萎縮型の加齢黄斑変性には効果がなく滲出型の加齢黄斑変性のみ効果があることが分かっています。

このように抗酸化ビタミンである亜鉛は加齢黄斑変性症に有効な成分なのです。

ブルーベリーサプリメントめなりにも亜鉛が含まれており、加齢黄斑変性症の予防を期待できます。

この研究で検討された参加者は3640人で、亜鉛投与群、抗酸化物質投与群、亜鉛および抗酸化物質投与群で、後期加齢黄斑変性への進行が75~80%程度に抑制できることが分かった。しかし、後期加齢黄斑変性を萎縮型と滲出型とに分けて検討した結果、亜鉛および抗酸化物質摂取によって、滲出型加齢黄斑変性への進行は抑制できるものの、萎縮型加齢黄斑変性への進行は抑制できないということも発表された。


Wikipediaより引用

☑[加齢黄斑変性症に効果的な成分3]ビタミンC

抗酸化物質であるビタミンCにも加齢黄斑変性症の進行を抑制する効果があります。

ビタミンCの抗酸化作用は、太陽光による紫外線や加齢で発生する活性酸素を抑制し、目の酸化から守ってくれます。

緑茶や緑黄色野菜にビタミンCは多く含まれております。

ビタミンCを毎日摂取するのが難しい人はサプリメントで効率的に摂取することをおすすめします。

☑[加齢黄斑変性症に効果的な成分4]ビタミンE

抗酸化ビタミンであるビタミンEにも加齢黄斑変性症に効果があることが判明しています。

ビタミンEは不足すると、目の黄斑部の酸化が進行し加齢黄斑変性症になりやすくなります。

ビタミンEはアーモンドや植物油に豊富に含まれています。

ブルーベリーサプリメントめなりにもビタミンEは配合されているのでおすすめです。

☑[加齢黄斑変性症に効果的な成分5]βカロテン

βカロテンも加齢黄斑変性症の進行抑制に効果的な成分です。

βカロテンなどをはじめとしたカロテノイドの摂取量は加齢黄斑変性症の発生リスクと関係があることが分かっています。

実際に、10万2046人の被験者にカロテノイドを豊富に含む食物を摂取した結果、加齢黄斑変性症の発生リスクが3割減少したことが研究で明らかになっています。

カロテノイドの一種であるβカロテンはブルーベリーサプリメントにも配合されています。

特にめなりは、βカロテンを栄養機能食品の基準値内を満たしているのでより効果を期待できるでしょう。

研究では、米国の看護師、医療従事者を対象とした10万2046人で、ニンジンやトマト、パプリカ、ブロッコリーなどに含まれる色素成分、カロテノイド(カロテン)の摂取量と、加齢黄斑変性の関係を調査したところ、およそ3割程度のリスク低下がみられたそうです。


漢方の葵堂薬局より引用

ルテインとゼアキサンチンの黄金比率で加齢黄斑変性症予防

ASREDS2

ルテインとゼアキサンチンは5:1の比率で摂取すると有効であることが報告されてます。

実際にアメリカの研究であるAREDS2の結果では、ルテインとゼアキサンチンを10mgと2mgの比率で摂取した被験者はAMD(加齢黄斑変性症)リスクを下げると報告されています。

カロテノイドであるルテインとゼアキサンチンは網膜の中心の黄斑部に多く含まれており、抗酸化剤として青色の有害な光をサングラスのように目から守ります。

黄斑色素密度が高いほど、有害な光から目をブロックしてくれるので、加齢黄斑変性症予防にも有効なのです。

このように、ルテインとゼアキサンチンはAMD予防に効果的であり、可能であれば黄金比率である5:1で摂取した方が良いのです。

めなりには、ルテインとゼアキサンチンが黄金比率で配合されてるのでおすすめです。

AREDS2の結果では、食事由来のルテインとゼアキサンチンの高い摂取量が、AMDのリスクを下げると
いう以前の疫学データが再確認され、さらに、AREDS1処方においてベータカロテンに代えて10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンを使用した
場合の安全性と有効性も裏付けられました。

ケミン・ジャパン株式会社より引用

[ブルーベリーサプリ/老眼]飛蚊症への効果

飛蚊症疑惑でブルーベリーサプリを探してる中年男性

ブルーベリーサプリ老眼による飛蚊症への効果を紹介します。

飛蚊症は一度発症すると回復させることは難しいですが、予防することは可能です。

自覚症状があるのであれば、素早い対策をすることをおすすめします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による飛蚊症の症状と効果

飛蚊症
参考画像:MeL眼科クリニック

飛蚊症は、視界に虫やゴミのようなものが飛んでいるように見える症状です。

どの方向を向いても虫やゴミのような影が付いてくるのが特徴です。

飛んで見える影の形は、糸くず状のものや輪っか状の物など様々です。

若い時からの飛蚊症は慣れてくると自然と気づかなくなるので治療の心配はないでしょう。

もしあまりにも飛蚊症がひどくて日常生活に悪影響を与えるようであれば注意が必要です。

他の病気によるものかもしれないので病院で診察を受けることをおすすめします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による飛蚊症のメカニズムと効果

ブルーベリーサプリ老眼による飛蚊症のメカニズムは、目の硝子体が深く関係しています。

目の硝子体は、老化によって萎縮していくので、早期発見による素早い対処が有効ですよ。

☑硝子体の濁りで発症する飛蚊症

飛蚊症のメカニズムを知るには、まず硝子体を説明する必要があります。

硝子体とは、目の形状を保持しているゼリー状の物です。

この硝子体はほとんど透明でできていますが、歳を重ねるごとに濁りができやすくなります。

また、加齢が進行すると硝子体の繊維の部分と水分の部分が分離して空洞ができてしまいます。

硝子体の中の空洞が大きくなると、硝子体の形が崩れて眼球の外側の壁が剥がれ落ちることがあります。

このように硝子体の形が崩れると影が生まれます。

この影が目に入ると、飛蚊症のように映るのです。

これが飛蚊症のメカニズムです。

飛蚊症は特に高齢者に多いので、若いうちから紫外線対策や禁煙で対策することをおすすめします。

後部硝子体剥離

日本眼科学会より引用

☑硝子体の濁りはサプリメントでは解消できない

「硝子体の濁りはサプリメントで治るのか?」

残念ながら硝子体の濁りはサプリメントでは治せないです。

治せないのはサプリメントだけでなく目薬や内服薬も同様です。

なぜなら、飛蚊症を治すには硝子体内の濁りを除去する、または溶かすしかないからです。

硝子体の濁りが原因で飛蚊症が発症した場合は、眼科で治療を受けると良いでしょう。

ちなみにサプリメントが効果を発揮するのは飛蚊症の予防です。

ブルーベリーサプリメントに配合されているルテイン成分は、太陽光の紫外線から目の酸化を抑制し飛蚊症を予防してくれます。

[ブルーベリーサプリ]老眼による飛蚊症の原因と効果

飛蚊症の原因となる要因は様々あります。

原因を把握することで適切な対処法が見つかるはずです。

飛蚊症が深刻になる前に、なるべく早く原因を特定することをおすすめします。

☑[飛蚊症の原因]生理的飛蚊症

生理的飛蚊症とは、病気ではありませんが目の前にハエや糸くずなどが映ってみえる症状です。

20代などの若い世代でもちらほら生理的飛蚊症の人はいます。

生理的飛蚊症は、赤ちゃんがお母さんのお腹から生まれる前の胎児に時に、消滅するはずの硝子体の組織がそのまま残骸として残ってしまう場合に起こります。

しかし、症状は非常に軽いもので日常生活をする上では問題ありません。

また、進行もしませんのでそこまで気にする症状ではないでしょう。

☑[飛蚊症の原因]病的飛蚊症

病的飛蚊症とは、何らかの病気が原因で飛蚊症になることです。

飛蚊症の原因となる病気としてあげるならば、硝子体剥離や強度近視、硝子体出血、ぶどう膜炎などがあります。

病的飛蚊症は病気が深刻になる程、飛蚊症も進行します。

最悪の場合は、失明に至る場合もあるので早期発見が重要になります。

[飛蚊症の原因1]硝子体剥離

硝子体剥離とは、老化によって目の形を維持しているゼリー状の硝子体が液状化することによっておこる病気です。

硝子体が液状化して萎縮すると、硝子体とくっついていた網膜も一緒に剥がされてしまいます。

この硝子体と網膜との間にある接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症を引き起こしてしまうのです。

硝子体剥離は老化だけではなくスポーツや事故などによる物理的な目へのダメージも原因となります。

硝子体剥離は、進行すると網膜が引き裂かれて急激に視力が低下することもあります。

気になる方は速やかに眼科で診察を受けると良いでしょう。

[飛蚊症の原因2]強度近視

強度近視とは、目のピントが非常に近くでないと合わない症状のことです。

強度近視の原因は、環境的なものと遺伝的なものがあります。

遺伝的な要素があることは分かっていますが、強度近視の要因となる決定的な遺伝子はまだ見つかっていません。

強度近視の人は、硝子体剥離のリスクが高いです。

硝子体剥離が起こると、硝子体が萎縮して網膜上に硝子体混濁が残ります。

この硝子体混濁が影となって飛蚊症へと繋がるのです。

また、強度近視は網膜剥離による飛蚊症も起こりやすいので注意が必要です。

[飛蚊症の原因3]硝子体出血

硝子体の中に出血した血液が入ってしまうと、その血液が影となり飛蚊症となります。

これを硝子体出血と言います。

硝子体出血は、糖尿病などの高血圧の人に起こりやすいです。

なぜなら、網膜に張り巡らされている毛細血管は高血圧によって出血する可能性があるからです。

硝子体出血は打撲などの外的ダメージによっても発症します。

硝子体出血による飛蚊症は急激な視力低下へと繋がるので早急な対応が必要となります。

[飛蚊症の原因4]ぶどう膜炎

目の炎症によって起こる病気がぶどう膜炎です。

目の中に細菌やウィルスなどが入り込むと目に炎症が起こりぶどう膜炎になりやすいです。

ぶどう膜炎が発症すると、硝子体内に濁りが発生し、その濁りが影となり飛蚊症を引き起こします。

ぶどう膜炎による飛蚊症の場合は、霧視や眼痛、羞明感なども伴って発症する場合が多いです。

もし上記の症状と共に飛蚊症が起こったのであれば、速やかに病院で診察を受けることをおすすめします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による飛蚊症の治療法と効果

ブルーベリーサプリ老眼による飛蚊症の治療法を紹介します。

飛蚊症の治療法はいくつかありますが、基本的には眼科の先生と相談して自分に最適な治療法を見つけるのが一番です。

☑[飛蚊症の治療法1]眼底検査

眼底検査とは、飛蚊症の症状が深刻かどうかを知るための検査です。

検眼鏡で瞳孔の奥にある網膜を調べます。

眼底検査で生理的な飛蚊症だと判断されれば問題ありません。

また、ただ単に後部硝子体剥離だけであればそこまで支障はありません。

しかし、後部硝子体剥離によって網膜が引っ張られていた場合は、すぐに手術をする必要があります。

このように飛蚊症の治療を行う前にまず眼底検査を行って症状を確認する必要があるのです。

☑[飛蚊症の治療法2]レーザー治療

飛蚊症の原因は硝子体内の濁りにあります。

レーザー治療とは、この硝子体の濁りを破砕する飛蚊症の治療です。

メスなどの器具で直接目をいじる必要がないので安全性が高いのが特徴となっております。

症状にもよりますが、治療は数回に分けて行います。

☑[飛蚊症の治療法3]硝子体手術

硝子体手術とは、目の中を直接手術するものとなっております。

飛蚊症の原因は、硝子体の濁りなどが挙げられます。

硝子体手術は、この飛蚊症の原因となる硝子体を取り除いたり、はがれた網膜を復活させたりします。

昔は手術のための入院で数日かかりましたが、症状によっては日帰りで手術が可能となっております。

[ブルーベリーサプリ]老眼による飛蚊症の予防法と効果

飛蚊症は自力で治療するのは難しいです。

しかし、飛蚊症は前もって予防しておけば発症リスクを抑えることができます。

自分に最適な飛蚊症の予防法で対策すると良いでしょう。

☑[飛蚊症の予防法1]食生活を改善する

飛蚊症は栄養バランスのとれた食事を意識することがリスクが抑えられます。

特にほうれん草やブロッコリーに含まれるルテイン成分は飛蚊症予防にうってつけの成分です。

ルテインは紫外線などによる目の活性酸素発生を抑制し、目を酸化から守ってくれる役割があります。

一方で、偏った食事をしてルテイン不足になると、目の酸化が進行して飛蚊症リスクが高まります。

食生活の改善は誰でもできる予防法で体の健康にも良いのでぜひ試してみてください。

☑[飛蚊症の予防法2]紫外線予防

飛蚊症予防にはサングラスが有効です。

太陽光による紫外線は飛蚊症リスクを高めるので特に注意する必要があります。

加齢による目の硝子体萎縮が飛蚊症の主な原因なのですが、紫外線は目の老化を進めてしまうのです。

老眼になってくると、飛蚊症で視力が低下する人が増えるのもこのためです。

若いうちから日差しの強い時のお出かけにはサングラスをかける習慣があれば飛蚊症リスクも軽減するでしょう。

☑[飛蚊症の予防法3]ブルーライトをカットする

PCやスマホから発せられるブルーライトも飛蚊症の発生リスクを高めるので注意しましょう。

ブルーライトも紫外線と同じように目に酸化ストレスを与えて、老眼を進行させてしまいます。

長時間PCで作業をするときなどはブルーライトカットメガネをかけて、飛蚊症予防することをおすすめします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による飛蚊症予防に効果的な成分

自覚がないまま進行することが多く、気付いた時には深刻な状況になってるのが飛蚊症の特徴です。

飛蚊症は自力で治すことは不可能なので速やかに眼科へ診察する必要があります。

しかし、飛蚊症の予防であれば自力で可能です。

症状が酷くなってから後悔しないためにも、飛蚊症予防に効果のある成分を配合してるサプリメントで対策しましょう。

☑[飛蚊症予防に効果的な成分1]ルテイン

飛蚊症はゼリー状の硝子体が萎縮が原因で発生します。

硝子体が萎縮するのは目の老化による場合が多いです。

カロテノイドの一種であるルテインは抗酸化作用効果があり目の老化を防いでくれます。

また、太陽光による紫外線は目の黄斑部に活性酸素を発生させ老眼を進行させます。

ルテインは、太陽光による紫外線から目を守ってくれるので飛蚊症対策には効果的な成分なのです。

☑[飛蚊症予防に効果的な成分2]アスタキサンチン

アスタキサンチンの強力な抗酸化作用は飛蚊症予防にも効果的です。

アスタキサンチンは非常に小さいため眼や脳に直接作用し、老化を抑制してくれます。

飛蚊症予防に効果的なアスタキサンチンが多く含まれる食品には、シャケや海老などが挙げられます。

食事から摂取するのが難しい場合はサプリメントで補うことをおすすめします。

☑[飛蚊症予防に効果的な成分3]ビタミンC

ビタミンCは飛蚊症予防に効果的です。

眼球に高濃度に含まれるビタミンCは加齢とともに減少します。

ビタミンCが減少してしまうと、紫外線などによる活性酸素が発生しやすくなり目の老化が進行してしまいます。

なぜなら、ビタミンCには目の活性酸素発生を抑制する抗酸化作用があるからです。

ビタミンCは含まれる食品にはレモンやアセロラ、パセリなどが挙げられます。

飛蚊症対策にビタミンCを効率的に摂取したい人はサプリメントで効率的に補うことをおすすめします。

☑[飛蚊症予防に効果的な成分4]ビタミンE

ビタミンEには血行促進作用があるだけでなく、飛蚊症の原因である老眼の進行を防いでくれる効果があります。

なぜならビタミンEには抗酸化作用があるからです。

ビタミンEの抗酸化作用は目の大半を占める硝子体

ビタミンEが豊富に含まれる食品には、イワシやモロヘイヤなどがあげられます。

飛蚊症予防に効果のあるビタミンEはサプリメントめなりに含まれていますよ。

ブルーベリーサプリに配合されてる成分には抗酸化作用が強いものが多く、目の酸化を防いでくれます。

[ブルーベリーサプリ/老眼]糖尿病網膜症への効果

糖尿病網膜症疑惑でブルーベリーサプリを探してる中年男性

ブルーベリーサプリ老眼による糖尿病網膜症への効果を紹介します。

糖尿病網膜症は糖尿病患者が合併症として発症する病気です。

まずは糖尿病にならないように対策ことをおすすめします。

[ブルーベリーサプリ]老眼による糖尿病網膜症のメカニズムと効果

糖尿病網膜症

日本眼科学会より引用

糖尿病網膜症とは、糖尿病の合併症の一つです。

糖尿病網膜症が発症するのは、糖尿病患者のみです。

糖尿病網膜症のメカニズムを知るには、まず網膜の構造について説明する必要があります。

網膜とは、目の奥にある眼底と呼ばれる部分にある神経の膜のことです。

この網膜には、目から入ってきた光を感じ取るために無数の細かい血管が敷き詰められています。

これが網膜の構造です。

何らかの原因で、網膜に敷き詰められた無数の血管に異常をきたした際に発症するのが糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症が起こる主な理由は、糖尿病などによる血糖値の上昇にあります。

高血糖が長時間続くと、網膜にある毛細血管がひどく傷つき、酸素が行き渡らなくなります。

そうすると、酸素をより多く運ぼうとするために、網膜に新生血管とよばれる新しい血管が生成されます。

この新生血管は非常にもろいため、出血しやすいのです。

なんらかの衝撃で、新生血管から出血した場合は、網膜上に血が散乱します。

光を感じ取る役割がある網膜に出血があると、入ってくる光が制限され視力が低下するのです。

これが糖尿病網膜症のメカニズムです。

[ブルーベリーサプリ]老眼による糖尿病網膜症の進行段階と効果

糖尿病網膜症は、進行具合によって大きく3つの段階に分かれます。

自覚症状がある時は早めに病院へ行きましょう。

☑第1段階:単純糖尿病網膜症

単純糖尿病網膜症は初期段階の症状となっております。

この段階では、視力にもほとんど影響がなく、自覚症状がほとんどありません。

また、血糖値が正常に戻れば改善することもあります。

内部に現れる異常としては、網膜の毛細血管にできる血管瘤や点状出血、血管から脂肪やたんぱく質が飛び出すことによる網膜上のシミ(硬性白斑)などが挙げられます。

眼科で眼底検査をすることで早期発見が可能ですが、自覚症状がないためそもそも眼科へ出向かずに放置してしまう場合がほとんどでしょう。

☑第2段階:増殖前網膜症

増殖前網膜症とは、単純糖尿病網膜症よりも一つ進行したものです。

網膜に張り巡らされた毛細血管へ酸素が行きわたらなくなってくる段階です。

毛細血管へ酸素が行きわたらなくなると、不足分の酸素を補うために新生血管が作られてきます。

この段階でも、視力に異常はありませんが、危険な状態の一歩手前の段階となっております。

☑第3段階:増殖網膜症

増殖網膜症は、新生血管が破けて重篤な症状が起きる段階です。

硝子体まで伸びてしまった新生血管が破裂すると、硝子体に出血をしてしまい、硝子体出血になる可能性があります。

また、線維性の膜が網膜を引っ張ることによる網膜剥離リスクもあります。

急激に視力が低下するので、この時点でようやく視力低下に気付き眼下へ出向く人も多いです。

しかし、手術がうまくいったとしても手遅れの場合も多く、最悪失明に至る場合もあります。

[ブルーベリーサプリ]老眼による糖尿病網膜症の治療法と効果

ブルーベリーサプリ老眼による糖尿病網膜症の治療法を紹介します。

治療法は、糖尿病網膜症がどれだけ進行してるかによって異なります。

☑網膜レーザー光凝固術

網膜レーザー光凝固術は、単純糖尿病網膜症~増殖前網膜症の段階で行う治療となります。

これ以上の進行を防ぐために、レーザーで正常な網膜も犠牲にする場合があります。

網膜浮腫の軽減や、新生血管がこれ以上発生しないよう抑制する効果が期待できます。

視力回復効果は期待できませんが、現時点での視力を維持することは可能となっております。

適した時期に治療を受けることで、糖尿病網膜症による失明を防ぐことができます。

☑硝子体手術

増殖網膜症で発症した硝子体出血や網膜剥離に対して行われる治療法です。

硝子体出血や網膜硝子体増殖膜を除去するための手術となります。

すでに糖尿病網膜症の発症で視力が低下した人の視力回復効果が期待できます。

しかし、完全に視力が回復することは多くありません。

糖尿病網膜症の自覚症状に早く気づいて早期発見した人であれば十分な視力回復が期待できます。

治療は非常に高度なものとなっておりますが、近年の技術レベル向上により、多くの病院でも成功率が上昇しています。

[ブルーベリーサプリ]老眼による糖尿病網膜症の予防法と効果

ブルーベリーサプリ老眼による糖尿病網膜症の予防法は様々あります。

特に糖尿病患者は可能な限り予防法を実践して行くことをおすすめします。

☑[糖尿病網膜症の予防法1]血圧コントロール

血圧をコントロールすることで糖尿病網膜症リスクを下げることができます。

実際に、収縮期血圧目標を150mmHg未満とした降圧療法は、180mmHg未満とした降圧療法よりも糖尿病網膜症の進展を抑制したと報告されています。

降圧剤は、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬とACE阻害薬が有効とされてます。

医師と相談して適切な血圧コントロール方法を選ぶと良いでしょう。

血圧コントロールは2型糖尿病患者に置ける糖尿病網膜症の発症・進展を抑止する上で有用である。

糖尿病情報センターより引用

☑[糖尿病網膜症の予防法2]血糖コントロール

血糖コントロールは糖尿病網膜症の予防や治療にもっともポピュラーな方法です。

実際に、血糖コントロールで血糖値を抑制することは、糖尿病網膜症予防に効果があることは実験でも明らかになっています。

しかし、急激に血糖値を降下させると、かえって糖尿病網膜症を悪化させる可能性もあるので注意が必要です。

Intensive insulin therapy prevents the progression of diabetic microvascular complications in Japanese patients with non-insulin-dependent diabetes mellitus: a randomized prospective 6-year study.

Ohkubo Y et al. Diabetes Res Clin Practより引用

☑[糖尿病網膜症の予防法3]糖尿病腎症の発症予防

糖尿病網膜症の原因の一つに、微量アルブミン尿という症状が挙げられます。

微量アルブミン尿とは、尿からアルブミン(血清中のたんぱく質の種類のうちの一つ)が異常に排出されてる現象であり、糖尿病性腎症の発症によって引き起こされます。

糖尿病性腎症とは、糖尿病の合併症で尿を作る腎臓障害によって老廃物が濾過できなくなる病気です。

アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)などの降圧治療を行うことによって、糖尿病性腎症の予防や改善が可能となっております。

☑[糖尿病網膜症の予防法4]脂質代謝異常の治療

脂質代謝異常の治療では、中性脂肪を低下させる薬によって糖尿病網膜症の悪化を防ぎます。

中性脂肪を低下させる薬には、フィブラート系が挙げられます。

そもそも脂質代謝異常は、血液中に含まれるコレステロールやトリグリセリドが異常な数値になることによって起こります。

フィブラート系薬は、トリグリセリドの分解を促進させることで血液中のトリグリセリド濃度を低くしてくれます。

また、悪玉コレステロールの代謝を促進させて善玉コレステロールを増加させる効果もあります。

コレステロール合成阻害作用やトリグリセリド分解促進作用などにより、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロールとも呼ばれる)やトリグリセリドを低下させ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増加させる薬


日経メディカルより引用

☑[糖尿病網膜症の予防法5]糖尿病の発症予防

そもそも糖尿病にならなければ、糖尿病網膜症にはなりません。

ですので、まだ糖尿病になっていない人は、糖尿病を予防することが効果的です。

2型糖尿病の発症リスクを高める要因としては、日本人の40~59歳の男女を10年間追跡した調査により、以下のことがわかりました。

年齢…1歳年を取るごとに男性・女性ともに2%上昇
肥満指数…BMIが1kg/m²増えるごとに、男性・女性とも17%上昇
糖尿病の家族歴…家族歴があると、男性で2.0倍、女性で2.7倍上昇
高血圧…高血圧があると、男性で1.3倍、女性で1.8倍上昇
喫煙…1日20本以上吸う方は吸わない方と比べて、男性で1.4倍、女性で3.0倍上昇
飲酒…1日1合以上呑む方は、飲まない方と比べて男性で1.3倍上昇

などがあります。

糖尿病情報センターより引用

[糖尿病の発症予防法1]禁煙する

タバコの喫煙は糖尿病発症リスクを高めるので、禁煙をおすすめします。

血液中のブドウ糖が過剰なることで発症する糖尿病の原因の一つに、ブドウ糖をコントロールするインスリンの機能低下が挙げられます。

タバコを吸うことで、このインスリンの機能を低下させてしまい、糖尿病リスクを高めてしまうのです。

2型糖尿病の発症リスクに及ぼす喫煙の影響

すぐ禁煙.jpより引用

[糖尿病の発症予防法2]病院へ診察を受ける

糖尿病発症の疑いがある人は、糖尿病専門医に相談することをおすすめします。

糖尿病専門医は、専門医の資格を持った人が3年以上の研修と専門医試験に合格することで「糖尿病専門医」と名乗ることができます。

糖尿病専門医に相談することで、発症予防の指導や診断、治療まで患者ごとに対応してくれます。

糖尿病専門医は下記のURLから探すことが可能です。

一般社団法人日本糖尿病学会から専門医を探す

[糖尿病の発症予防法3]ストレス解消する

精神ストレスは糖尿病発症のリスクを高める可能性があります。

実際に、日常的にストレスが多いグループはストレスが少ないグループと比べると糖尿病発症リスクが高いことが報告されています。

しかし、ストレスが糖尿病リスクを高めてるメカニズムは明らかになっていません。

ですが、ストレスが多いことによる糖尿病リスク上昇が報告されてる以上、過剰なストレスは避けた方が良いでしょう。

精神的養親と糖尿病発症との関係
10年間の追跡期間中、男性1,601人、女性1,093人が糖尿病を発症したと答えました。日常のストレスが「少ない」グループと比べて、「普通」あるいは「多い」グループでは糖尿病発症のリスクが高くなる傾向があり、男性ではストレスが「多い」グループでは「少ない」グループと比べて統計学的に有意に高くなっていました。

国立研究開発法人 国立がん研究センターより引用

[糖尿病の発症予防法4]適度な運動

適度な運動は糖尿病発症予防に有効です。

有酸素運動をすることで、ブドウ糖が消費されて血糖値が低下するのです。

また、筋トレで筋肉を鍛えることでブドウ糖をコントロールするインスリン効果が高まり、血糖値が下がりやすくなります。

ただし、激しい運動はアドレナリンなどの血糖値上昇ホルモンを分泌させることになるので、一時的に血糖値が上昇してしまいます。

ですので糖尿病発症予防をするのであれば、軽い有酸素運動や筋肉トレーニングを毎日継続して行うことをおすすめします。

[糖尿病の発症予防法5]バランスの良い食事

バランスの良い食事も糖尿病発症予防に有効な方法です。

特に、必要以上に食べてしまうと、体内で摂取した糖分の処理が追いつかなくなり、血糖値が上昇してしまいます。

血糖値の上昇が長時間続くと、膵臓から分泌されるインスリンが現象してしまい、糖尿病リスクを高めてしまいます。

糖尿病発症を避けるためには、バランスの良い食事はもちろんですが、ゆっくり食事することや野菜から先に食べるなどの工夫も有効です。

特に、肥満で悩んでる人は、食事を意識することをおすすめします。

[糖尿病の発症予防法6]飲酒を控える

飲酒量が多いと糖尿病発症リスクが高まるので、糖尿病予防するなら飲酒は控えましょう。

過度な飲酒をすることによって膵臓から分泌されるインスリンの量が減少してしまうからです。

実際に、BMI22以下の男性が飲酒量を増やすに連れて、糖尿病リスクが高くなることがわかっています。

糖尿病予備軍などの人は、過度な飲酒は控えた方が良いでしょう。

男性のBMIごとの飲酒と糖尿病発症リスク

BMI22以下の男性では、飲酒量が増えるにつれて糖尿病リスクも高くなりました。お酒を飲まないグループにくらべ、エタノール摂取が1日当り 23.1~46.0グラム(日本酒換算で1~2合)のグループで1.9倍、46.1グラム以上摂取するグループでは2.9倍まで高くなりました。


国立研究開発法人 国立がん研究センターより引用

[ブルーベリーサプリ]老眼による糖尿病網膜症に効果的な成分

ブルーベリーサプリ老眼による糖尿病網膜症に効果的な成分は、ビルベリーに含まれるアントシアニンです。

ブルーベリーサプリ「めなり」には豊富なアントシアニンが配合されていますよ。

☑ビルベリーによる糖尿病網膜症予防効果の可能性

ブルーベリーサプリの主成分であるビルーベリーは糖尿病網膜症へ効果がある可能性があります。

実際に「ビルベリー抽出物の糖尿病性網膜症発症・進行予防効果に関する基礎的研究」での報告では、ビルーベリーの糖尿病網膜症への予防効果が示唆されました。

糖尿病網膜症が起こる原因の一つに、血糖値が高くなることによる細胞の酸化ストレスが挙げられます。

この細胞の酸化ストレスにより生じる異常な血管新生を、ビルベリーは細胞レベルで抑える可能性が報告されました。

ビルベリーの糖尿病網膜症予防に対する可能性を発見!

糖尿病網膜症の早期に大きく関与しているのは、高血糖状態で引き起こる細胞内酸化ストレスであることが報告されており、これによって細胞死(傷害)が誘導されます。今回の研究で糖尿病網膜症の際に、細胞の低酸素状態より引き起こされる異常な血管新生に対して、ビルベリーエキスは血管新生の発生を細胞レベルで抑える可能性が示唆されました。

わかさ生活より引用

☑アントシアニンの網膜神経細胞死滅防止効果

ブルーベリーサプリに含まれるアントシアニンには、糖尿病網膜症への予防効果があります。

実際に、岐阜薬科大の原英彰教授の動物実験によって、アントシアニンが網膜の細胞や血管、神経を保護することが明らかになりました。

実験では、ヒトの血管細胞の中にある血管を通常の2.5倍にして擬似的な糖尿病網膜症を作りました。

この細胞にアントシアニンを投与したところ、血管の生成が抑制されました。

また、酸化ストレスを与えたラットの網膜神経細胞にアントシアニンを投与したところ、これ以上の細胞死滅が抑制されたとも報告されています。

このようにアントシアニンには、網膜神経細胞の死滅を防ぎ、糖尿病網膜症の進行抑制効果が期待できるのです。

アントシアニンは、普段の食事から毎日摂取することが難しいのでブルーベリーサプリから摂取することをおすすめします。

ブルーベリーの実に含まれる主成分アントシアニンに、目の網膜にある血管や神経の細胞を保護する作用があることを、岐阜薬科大の原英彰教授(薬効解析学)が突き止めた。

わかさ生活より引用

[ブルーベリーサプリ/老眼]めなりを眼病予防成分で比較!

眼病予防成分をめなりと市販のサプリで比較する少女

ブルーベリーサプリ老眼による眼病予防成分で、市販の「わかさ生活ブルーベリーアイ」と「めなり」を比較します。

比較した結果、どの眼病においても「めなり」サプリの方が眼病予防成分が豊富に配合されていました。

「めなり」の緑内障予防成分を市販「ブルーベリーアイ」と比較

めなり ブルーベリーアイ
ルテイン 12mg 6mg
カシスエキス
クロセチン 0.68mg -

ブルーベリーサプリメントに配合されている緑内障予防に効果のある成分を「めなり」と「ブルーベリーアイ」で比較しました。

比較した結果、ルテインとカシスエキス、クロセチンの3点全てにおいて「めなり」の方が配合量が多いことが分かりました。

緑内障予防効果を期待するのであれば「めなり」をおすすめします。

「めなり」の白内障予防成分を「ブルーベリーアイ」と比較

めなり ブルーベリーアイ
ルテイン 12mg 6mg
ビルベリーエキス
(アントシアニン)
170mg 160mg
ビタミンC

ブルーベリーサプリメントに配合されている白内障予防に効果のある成分を「めなり」と「ブルーベリーアイ」で比較しました。

比較した結果、めなりの方がブルーベリーアイよりも白内障予防に効果のある成分が豊富に含まれてることがわかりました。

「めなり」の黄斑変性症予防成分を「ブルーベリーアイ」と比較

めなり ブルーベリーアイ
ルテイン 12mg 6mg
亜鉛 -
ビタミンC
ビタミンE
βカロテン

ブルーベリーサプリメントに配合されている加齢黄斑変性症予防に効果のある成分を「めなり」と「ブルーベリーアイ」で比較しました。

比較した結果、ビタミンCとビタミンE、βカロテンはめなりとブルーベリーアイどちらとも配合されてましたが、ルテインと亜鉛はめなりにのみ配合されていたので、めなりに軍配が上がりました。

加齢黄斑変性症予防に効果のある成分を多く含むのは「めなり」となります。

「めなり」の飛蚊症予防成分を「ブルーベリーアイ」と比較

めなり ブルーベリーアイ
ルテイン 12mg 6mg
アスタキサンチン
ビタミンC
ビタミンE

ブルーベリーサプリメントに配合されている飛蚊症予防に効果のある成分を「めなり」と「ブルーベリーアイ」で比較しました。

比較した結果、めなりの方がブルーベリーアイよりもルテインの配合量が多いという点で、めなりに軍配が上がりました。

つまり、飛蚊症予防に効果のある成分を多く含んでいるのは「めなり」となります。

記事一覧

ブルーベリーサプリランキングについて考える少女 1

[ブルーベリーサプリランキング]選び方おすすめポイント3つ ブルーベリーサプリランキングおすすめの選び方は「めなり」サプリを選ぶことです。 「めなり」サプリは国のお墨付きである栄養機能食品である上に、 ...

子供に効果的なブルーベリーサプリ 2

[ブルーベリーサプリ/子供]効果的な選び方ポイント3つ ブルーベリーサプリ子供へ効果的な商品は「めなり」サプリです。 めなりサプリは、内容成分が損なわれないソフトカプセルを採用しており、視力回復成分が ...

老眼予防にブルーベリーサプリを飲んでいる中年男性 3

[ブルーベリーサプリ/老眼]効果的な選び方ポイント3つ 老眼に効果的なブルーベリーサプリの選び方は、めなりサプリを選ぶことです。 めなりサプリは老眼予防に効果的なルテインが配合されてます。 また、抗酸 ...

ブルーベリーサプリによって眼精疲労を解消した少女 4

[ブルーベリーサプリ/眼精疲労]効果的な選び方ポイント3つ ブルーベリーサプリの中で眼精疲労に強いのは「めなり」サプリです。 「めなり」サプリには、アントシアニンをはじめとした眼精疲労が期待できる成分 ...

ブルーベリーサプリ安い 5

安いブルーベリーサプリの選び方3つのポイント ブルーベリーサプリの安い選び方は、めなりサプリを選ぶことです。 市販やドラッグストアで販売されてるブルーベリーサプリも安いですが、有効成分の配合量が少なく ...

ブルーベリーサプリ効果的な飲み方を解説する少女 6

[ブルーベリーサプリ/タイミング]摂取タイミングを解説! ブルーベリーサプリタイミングは朝食後に飲むのがベストです。 なぜなら、ブルーベリーサプリは目を使う4時間前に効果を発揮するからです。 吸収の良 ...

ブルーベリーサプリの副作用に悩んでいる女性 7

[ブルーベリーサプリ/副作用]安全性の高いサプリ選び方 副作用が少ない安全なブルーベリーサプリを選ぶポイントは3つあります。 1点目が一定の品質を保証してるGMP取得工場で製造されてるサプリであること ...

更新日:

Copyright© 【ブルーベリーサプリランキング】口コミで分かる視力回復効果 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.